パキシル通販がマスト!人気の抗うつ剤の条件はSSRI

パキシルという抗うつ剤

現代の日本では、それまで4大疾病とされてきた、「がん」、「心臓病」、「脳卒中」、「糖尿病」ここへさらに「精神疾患」が加わって5大疾病とされています。
そんな精神疾患の中でもとりわけ現代特有の心の病とも言えるがうつでしょう。
現代社会の抱える大きな問題のひとつがうつなのです。

医薬品用いたうつにの治療には、症状によって様々な医薬品が処方されています。
その中でも多く用いられるパキシルという医薬品について簡単に説明したいと思います。


パキシルはグラクソスミスクライン社というイギリスに本社を置く製薬メーカーにより開発・製造され、日本でも2000年には販売が開始されています。
有効成分をパロキセチンとし、不安な気分や無気力、焦燥感、、脅迫感、パニックなど解消させる効果があり、うつだけでなく過食症や拒食症などの摂食障害、女性のPMS(月経前症候群)にも用いられています。
併用禁止薬はパーキンソン病の治療薬であるレギリンや、安定剤のピモジドがあるので注意が必要です。
副作用として、、体重増加、口内の渇き、不眠、便秘、尿閉、めまい、吐き気などが見られますが、これには個人差があり、人によって副作用の強さや出やすさは大きく異なってきます。

パキシルは、「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」の略であるSSRIと呼ばれる抗うつ剤であり、アミトリプチリンやアモキサピンなど、従来の三環系と呼ばれる抗うつ剤の副作用を少なくしたものです。
このSSRIは精神科の領域ではもっとも多く用いられている医薬品です。
なおSSRIにはパキシルの他にもレクサプロ、デプロメール、ルボックスなどがあります。
いずれも現在日本で処方薬として認可がされている抗うつ剤になります。

さらにこのパキシル通販で購入することが可能なために利用者も非常に多いのが現状です。
現在パキシル通販サイトは非常に多くありますが、購入をお考えなら長く続いていたり利用者の評判がよかったりする、いわゆる優良な業社から購入するのがよいでしょう。
パキシル通販サイトも優良なところばかりとは限りませんので・・。